成分面

キャットフードの味でネコが大好きな物

猫を飼っていると一度は愛猫のキャットフードへの食いつきが悪くなった経験があるものです。
これは何が原因なのでしょうか。
猫は味覚がありそれが食いつきを左右するのでしょうか。

猫も味覚を感じることはできます。
しかし、人間ほど細かな感覚はありません。
基本的には味の濃淡程度しか感じていないと言われています。
ただ、もともと肉食でたんぱく質は好むのでたんぱく質の匂いや味は好きだとされています。

最近、キャットフードでも食の安全の問題が取り上げられています。
キャットフードの中には4Dミートと言われる死んだ動物や病気の動物の肉を使っていたり腐りかけの野菜を用いていたりするものがあるとされるのです。

また、加工の際に添加物を多量に使用していたり、人間への使用が禁止されている添加物を使用していたりするケースもあります。
もともと猫はにおいに敏感ですから粗悪な素材を用いていれば匂いで気付き警戒して食べません。
そこで、猫の鼻や味覚をだますために多量の添加物や香料を使用してタンパク質の濃い味付けをしたり香料を多量に用いたりするのです。
こういったキャットフードはもちろん体に良いものとは言えません。
購入時にきちんとパッケージに記載されている品質表示を確認しこういったものが使用されていないか調べるようにしましょう。
もちろん、パッケージを見てすぐに『4Dミートが使用されている』とはわからないようにされています。
ですから添加物の量や品質表示の内容から判断しましょう。

たとえば、あまりにも賞味期限が長かったり価格が安かったりするものはそれなりの理由があると考えられます。
賞味期限が長すぎるものや価格もあまりにも安いものは避けましょう。
添加物についても他の商品と比較して種類が多いものは避けましょう。
添加物についても全てが悪いわけではありません。
中にはハーブなどの天然成分を用いているものもあります。
品質表示だけでは不安な場合には企業のホームページを見てみましょう。
より詳細な情報が書かれていますからキャットフード選びhttp://catfood.tokyo.jp/kiwotukerukoto.htmlの参考にもなります。

MENU
Copyright(C)猫のためを考えた餌の在り方