成分面

キャットフードでダイエット効果を考えた物

人間にもさまざまな体質の人がいます。
たとえば、どれだけ食べても全然太らない人もいれば食べすぎるとすぐに体重に影響する人もいます。
また、運動が好きな人もいますし嫌いな人もいます。
これは猫にも当てはまります。
運動が好きな猫は勝手に動き回るので自ずと筋肉がついたり痩せたりします。
また、一日の規定量通りに食べていてもやせ気味の猫もいます。
逆で動くことが嫌いであったり規定量通りに食べても肥満気味だったりする猫もいます。
もちろん、飼い主がキャットフードを与えすぎたりおやつhttp://www.aaronjae.com/oyatu.htmlを与えたりするために太る猫もいます
猫が太ってしまうと病気の原因になるのはもちろん、関節への影響や骨折の原因になることもあります。
そこで、太ってしまった猫には標準体重に戻すためにダイエットが必要になります。

猫のダイエットは人間同様に運動をしたり食事を気遣ったりすることが必要です。
おやつを与えていたり食事の量を規定量以上与えていたりする場合にはそれを減らすことから始めましょう。
また、猫のためのダイエット食も販売されています。
このようなキャットフードはカロリーカットがされていたり満腹感を高める食材が用いられていたりします。
カロリーが少なくても必要な栄養素はきちんと補うことができますから安心して与えられます。

ただし、キャットフードのダイエットフードへ切り替える際には突然キャットフードを変えるのは避けましょう。
猫は嗅覚が優れており匂いの変化に敏感です。
いつもと違うものが出されると警戒して食べないこともあります。
また、猫によってはいつもと違うフードを突然食べるとお腹の調子を崩すこともあります。
新しいフードへ切り替えるときにはそれまで食べていたものに新しいものを少しずつ混ぜて切り替えてあげましょう。

ダイエットキャットフードを与えてみてもなかなか思うように変化がない場合には医師に相談をしてみましょう。
猫も個体差がありますからフードの相性があります。
規定量より少な目を与えたほうが良かったり他の相性の良いフードを勧められたり的確なアドバイスがもらえるでしょう。

MENU
Copyright(C)猫のためを考えた餌の在り方