成分面

皮膚と被毛のトラブルをキャットフードで改善

猫も人間同様に食事は体調の良し悪しを決める大切な要素です。
ですから、キャットフードを選ぶ際には様々なことに注意が必要です。
猫にもさまざまな猫がいて同じキャットフードを食べても体への影響は様々です。
規定量食べても体重が増えない子もいればその逆もあります。
また、アレルギーがある場合には除去食を選ぶ必要があります。
もちろん、みんながデリケートなわけではなく、何を与えても体調の大きな変化がみられない健康なタイプの猫もいます。
このように、猫の体調や体格にはキャットフードが密接にかかわっているのです。

キャットフードを選ぶことに慎重にならなければならないもう一つの要素として、皮膚や被毛のことがあります。
猫も人間同様に食事が体を作りますから食事の内容によって皮膚や被毛にトラブルが出ることがあるのです。
もちろん、原因にはアレルギーも考えられます。
毛が抜けたり痒がったりが続けばフードの中にアレルギー物質が入っていることが考えられます。
ですからすぐに医師に診てもらいましょう。

アレルギーの種類も多岐にわたります。
穀物、タンパク質と言った食べ物のアレルギーはもちろん、中には農薬や化学物質アレルギーの猫もいます。
同様に粗悪なキャットフードを与えていると、タンパク質や脂肪酸が少なく皮膚や被毛トラブルを起こす場合もあります。
これは、生産する際の原材料の価格を抑えるために肉や魚を減らし穀物や大豆の搾りかすでかさを増している粗悪品を食べた際に起こります。
猫はもともと肉食なので腸の働きが弱いですからこういったフードを食べることは肌トラブルだけでなく内臓トラブルの原因にもなります。
キャットフードを選ぶ際http://www.feesummit.com/jyuuyounapoinnto.htmlにはこのようなトラブルを避けるためにも価格だけでなく品質も重要視して選ぶことが大切なのです。

猫も大切な家族の一員です。
元気に長生きしてもらうためにも食事には十分気遣ってあげましょう。
特に成長期にきちんと摂るべき栄養を摂れないと被毛や皮膚トラブルだけでなく成長を阻害してます。

MENU
Copyright(C)猫のためを考えた餌の在り方