成分面

キャットフードに含まれているカロリー

栄養と並んで食事で気にするべきことにカロリーがあります。
人間の食事では特に女性がカロリーを気にします。
簡単に言うとカロリーを摂りすぎれば肥満の原因になるためです。
猫の食事でもカロリーには気を遣う必要があります。

キャットフードはライフステージに応じたものが販売されています。
子猫の時には成長期で体を作る時期であるため他の年代の食事に比べカロリーが高めに作られています。
成長はだいたい1歳までで落ち着くため1歳を過ぎてもこの食事を与えているとカロリー過多になり肥満の原因となります。
そのため、1歳を過ぎ維持期になると食事のカロリーは少し抑え目になります。
そして6歳ころからはシニア期に入ります。
この時期になると運動量はさらに減るためカロリーもさらに低くなり、消化しやすいものに変わります。

これは一般的な目安であり、愛猫がこれに当てはまるのかを見極める必要があります。
もちろんこの基準も様々な猫を見て定められた基準です。
しかし、猫によってはこの基準に合わないこともあるのです。
たとえば基準通りに食事を摂っても太りにくい子もいれば太りやすい子もいます。
ですからそのあたりは食事の様子を見て加減をしてあげましょう。
太りやすく肥満状態になった場合には体重管理用、ダイエット用のキャットフードも販売されています。
肥満は内臓系の病気の原因になるだけでなく関節や骨の病気の原因にもなります。
早めに対処してあげましょう。

愛猫が与えたキャットフードを美味しそうに食べ『もっと欲しい』という顔をするともっと上げたいと思うものです。
しかし、体重管理、カロリー管理は猫が健康に長生きするためにはとても大切なことです。
甘やかして多めの食事を与えることは猫の健康を損ねることになります。
かわいいと思うからこそ食事については厳しくしましょう。
人によってはしつけやコミュニケーションでおやつを与えている人もいます。
そのような場合にはおやつを与えた分、食事を減らしてカロリー調整するようにしましょう。

MENU
Copyright(C)猫のためを考えた餌の在り方