成分面

お口のケア効果が期待できるキャットフード

人間は歯のトラブル予防や口臭対策のために食後に歯磨きをするのが当たり前のことです。
しかし犬や猫は自分で歯磨きをすることはできません。
猫にとって歯のケアは必要のないものなのでしょか。

猫にも口腔内のケアは必要なものです。
虫歯もできますし、歯周病も起こすことがあります。
これらの病気は命にかかわることもあるため通院での処置や手術が必要になります。
猫には保険がないため実費で全額負担することになります。
虫歯であっても全身麻酔をかけて手術をすることが一般的なため、費用も人間では考えられないような金額がかかります。
とはいっても簡単に猫は歯磨きをさせてくれません。
そこで、日ごろの生活の中で自然に口腔ケアをしてあげることがとても重要です。

最も簡単で有効な方法が食事中の口腔ケアです。
つまり、食べながら歯磨きができたり歯に詰まりにくいものを食べたりすることで、歯のトラブルを避けると言うことです。
食べるものでいうとドライタイプの粒のものは、食べる際に噛み砕いても歯の間に溜まりにくいです。
しかし缶詰やセミドライタイプは柔らかいため、歯の間に食べかすが残り歯に詰まりやすいです。
人間と同じように歯の間に食べかすが詰まることは虫歯や歯周病、口臭の原因となります。
ですからドライフードのキャットフードを食べてもライフステージや体調の問題がないようでしたら、歯のためにはドライフードを食べるのがよいとされています。

また、唾液中にはカルシウムが含まれています。
カルシウムは歯を作っているため、口内のカルシウム不足は歯に悪影響を与えます。
そこで、カルシウム不足を補ってあげることも対策として有効です。
これには『カルシウムキレート剤』というものが配合されたキャットフードがあります。
このキャットフード歯垢がたまるのを防いでくれますので特に歯垢や口臭が気になる場合に試してみましょう。

もちろん歯磨きも有効な手段です。
小さいころから習慣づけておけば嫌がらずさせてくれるようになります。
ですから、飼い始めから定期的に行ってみましょう。

MENU
Copyright(C)猫のためを考えた餌の在り方