成分面

キャットフードの作製方法

近年のペットブームからのキャットフード選びにも慎重な人が増えています。
これは愛猫に長生きしてもらいたいという健康志向だけでなく猫にも人間同様の食の安全の問題があることも一因です。
キャットフードの価格に幅があるのは素材の違いがあります。
高級なフードにはオーガニック素材が使われていたり添加物が使用されていないものであったりします。
安心安全なキャットフードを選ぶならば高級なものを選びたいと思うものです。
しかし、毎日食べるものですからあまりにも高いものは続けることができません。
そこで、安心安全なキャットフードとして考えられる一つのものとして手作りフードがあります。

昔はペットフードが販売されていませんでしたから犬や猫は人間の残飯を食べていました。
ですから手作りキャットフードは自分で素材を選んで作ることができます。
私たちが毎日食べるものと同じものを用いて作ることができますから安心して与えられます。
ただし、作る際には気を付けるべきこともいくつかあります。

まずは猫が食べてはいけないもの、栄養配分をきちんと知っておきましょう。
人間の食事はバランスよく摂ることが大切と考えられますが猫は違います。
もともと肉食なのでタンパク質を多めに食べることが必要です。
そして、消化が苦手なので穀類は最小限にする必要があります。
また、ネギ類やピーマンは猫が食べてはならない食材です。
フードに混ぜないのは当たり前ですが、これらを切った包丁をそのまま使わないようにする配慮も必要です。

また、家庭で作る際には衛生面への配慮も必要です。
猫は嗅覚がとても優れていて綺麗好きな動物です。
そのため、匂いにはとても敏感なので鮮度の低い食材や食器が不潔なのを嫌います。
ですから新鮮な食材を用い容器の清潔もきちんと保つようにしましょう。

最後にフードのサイズですが食べやすいよう小さめのサイズにしてあげましょう。
煮て柔らかくしたりペースト状にしたりしてあげると食べやすくなります。

MENU
Copyright(C)猫のためを考えた餌の在り方