成分面

成分面でキャットフードを分析

猫はキャットフードと水で生活しています。
ですからキャットフードには様々な栄養が含まれておりこれが猫の体を作り健康を維持します。
そのためキャットフード選びは猫の健康のためにとても大切です。

人間にとっての良い食事と言うのは肉や魚、野菜、穀物といった様々なものをバランスよく摂る食事です。
これだけ種類が多いとキャットフード選びは迷いますよね。
では猫にとってはどのような食事が体に良いのでしょうか。
今となってはそのようなイメージはありませんが猫は肉食動物です。
肉食動物はもともと腸が短く穀類の消化が苦手です。
猫と言うと魚が大好きなイメージがありますが、魚よりも肉のたんぱく質の方が体に必要です。
このように穀類が少なくタンパク質を豊富に含む人間にとってはバランスの悪い食事が猫にとっては体に良いのです。
タンパク質は肉類から摂るのですが、肉にもさまざまなものがあります。
キャットフードの価格の幅が広いのは使われる素材によって変わります。
農薬や添加物と言った化学物質を全く使用していないものは高価になります。
安価なものは肉類として肉ではなく内臓などの肉副産物をしようしていたり4Dミートと言われる病死した動物などを使用していたりすることもあります。

他にも価格を抑える方法として穀類を多く用いる方法があります。
米、小麦、玄米、とうもろこしといったものが穀類として挙げられます。
猫は消化が苦手ですからあまり穀類は必要としません。
また、猫によっては穀物アレルギーがあることもあります。
それなのに穀類を入れる理由は何でしょう。
それは、原材料の価格を抑えるために肉類よりも原価の安い穀類でかさ増しをするのです。
穀類すべてが悪いわけではありません。
人間の食事同様に玄米は体に良いとされていますし、穀類には便秘解消効果もあります。
大切なのは穀類の配合されている量や使用されている穀類の質です。
品質表示を確認してどのような穀類がどのくらいの量配合されているのか確認して購入しましょう。

MENU
Copyright(C)猫のためを考えた餌の在り方